Blog Book of Captainyama

76ヶ国の海外旅行記です。 1999年からの世界旅行を2007年6月までのセブ島滞在中に ブログにしたものです。

Blog Bookを作りました

PICT3459
(2011年初夏 自宅庭で  娘が写す )

 Jugemブログで公開していた私のブログ 
  『Blog of Captainyama』をLivedoorブログで再公開する事にしました。

 写真の引越しが出来ない事もあり
 今回は旧作より大判の写真を使う事にしました。

  前作を書いた2006年当時、写真のサイズ制限があり
 本当に小さな写真で満足しなければならない情況がありました。

031124007
(アフガニスタン 2004年)

 Lolipopのレンタルサーバーは200MG(現在13G)しかなく
 動画など掟破りでアップしていました。
 僅か5年で驚く程の進化がありました。


 当初からブログと言うよりは書籍だと思って書いていました。
 アクセス解析を見ても
 検索エンジンから跳んで来る読者が80%おり
 公開後5年が過ぎてもアクセス数は安定してあります。


img062
(エチオピア 湖水地方 2002年)

  このブログブックは1999年11月がら2006年11月までの
 私の海外旅行 セブ島滞在等を記事として書き上げたものです。

  2006年12月から2007年6月までの7ヶ月のセブ島滞在時期に
 一気に書き上げました。
 人生に区切りをつけるために僕にはどうしても必要なものでした。


img755
(シルクロード走破 西遊 石川女史と 2001年)

   現在はプロのフリービデオカメラマンとして活動していますが
 この当時の幼稚な動画を見ると顔が赤くなるのですが
 これも歴史だと思い諦め削除しない事にしました。

 百話ありますので御興味のあるものだけ御読みください。

 どうぞ宜しく!

 ※尚このブログは過去の作品を掲載している為 
 今後新しい作品の掲載は有りません。

PICT3668
 (札幌の自宅です)

  別のWEBサイトに揚げた旅行履歴を転載します

rireki1
rireki2
rireki3
rireki4

続きを読む

108回御愛読 ありがとうございました

PICT1880
(セブ島  コンドミニアム玄関    2007年)

 2006年12月30日のcebu-sunstarの初稿以来
 本日まで計108回毎日更新して来ました。

 思えば3ヶ月・103日間よく書き続けたと思います。
 其々の作品を書いて居た時の思い出が有り
 旅行の思い出と重なってウーンと思ってしまいます。

 この間セブでも色んな事がありました。
 このブログはブログの範疇に入れようとすると無理が有ります。

 captainyamaの一冊の単行本だと思って頂けたら良いと思います。

 1999年から世界旅行を始め、今までに75ヶ国
 よく歩いたと思います。

img383
(アルバ島  カリブ海クルーズ 2004年)

 旅行はお金だけでは無く、体力があり、家族に重い病人が居なく
 自由な時間が確保でき、且つ好奇心が無ければ出来ない物です。

 人生で斯ういう時間は極僅かです。
 僕は40代中旬から50代初旬までの8年間
 早いリタイアリーを経験でき、ラッキーでした。

 人生の時間を区切って
 経験を総括する必要を前々から感じていました。

img066
(セブ島 コンドミニアム パークタワー2   2002年1月購入)

 2006年12月からの3ヶ月間 
 108話のブログを書上げて目的は達成出来たと思います。

 整理仕切れなかった経験のモヤモヤが解消できました。
 それで此のブログでの
 旅行記としての新規の更新は今日で終わりにします。

20091011_917013
(このテーブルで書き上げました)

 此のブログの最大の読者は私 captainyama 本人です。
 文章の至らない処は今後手直し致します。


 カテゴリーを読みやすいように直そうと思っています。
 今後、読者の皆さんが見る度に
 ページの彼方此方が変わっている事も有りえます。

 使用した写真634枚、全ロリポブログの全登録写真枚数
 6万4千枚(2007年4月現在)の1%が僕の写真です。

 今現在としては写真の多いブログでした。

050406068
(バギオ空港 クロスカントリー)

 色々頂いたコメントは作品の性格上
 公開していないモノも有りますが
 僕は全て有り難く拝読させて頂いております。

 世界旅行記を108話書くと、膨大な種類の固有名詞が出てきます。
 検索サイトで調べ物をしているとエッ アレッ これ僕のブログだ
 (Blog of Captainyama)。

 自分のブログに遭遇し、恥かしい思いをする事が有ります。
 アクセス解析を分析すると
 検索サイトからページ毎に来訪頂く方がとても多く
 手間をかけて来訪頂き本当に有難う御座います。

cond033
(セブドクターズの医学生と 今は立派な御医者さん 2002年)

 108話を一晩で読むのは大変です。
 読み方としては
 御興味のあるカテゴリーから順に読んで頂ければ幸いです。

 今後、構成を考えたいと思っています。
 2007年3月のアクセス数は6163回でした。

 昨日までに頂いたこのブログの
 合計アクセス数は 約18,000回 でした。

 今後他のブログから此の作品に跳んで頂く事も含め
 この作品は大事に使おうと思って居ります。


 御愛読有難う御座いました


 2007年 4月  11日  

 セブに暮す冒険家でパイロットの御馬鹿なcaptainyama 

         

追伸  今後は皆さんのブログを覗きに伺います。

   

 PICT1127

(自宅コンドミニアム エレベーター前)

冬の北海道 厳しい!厳しい! マイナス18℃  セブは通年32℃ その差50℃ 同じ地球かな?

P1010772

 
  冬の札幌です。厳しい厳しい冬です。


20091012_1056565

 吹雪の日は暖かいのですが、シンシンと冷える晴れた日の夜明けは
 マイナス18℃も珍しくありません。

 此の写真は札幌中央区の市電通りです。
 僕の札幌のマンションはこの近くに在ります。

 札幌近郊の自宅は完全エコ住宅なので外の雪嵐も全く関係なく
 Tシャツ1枚でokなのですが

 札幌のマンションは築30年の古い建物なので
 厚いコンクリートが冷え切って氷の住宅のようです。

tokeidai
  
 御存知 時計台です。
 夕食に出て偶々 時計台に遭遇しました。

 ここで記念写真をパチリと一枚、セブと同じく札幌も観光地なのですね!
 凄く寒かったです。 

 多分マイナス10℃。  シバレルー!


 駅で特急列車を待っています。これから札幌に行きます。


20091012_1056568

 息子の誕生日プレゼントを兼ねて
 我が家だけの雪祭り雪像をつくりました。

 息子の顔に似せた積もりだったのですが
 家族は僕の顔に似ていると言います。   そうかなー?


PICT2191
(庭にインターロッキング 敷きました)

 周辺工事が終わり
 9月にようやく庭にインターロッキングを再敷設が出来ました。

 150㎡の庭ですが草むしりが大変でした。
 今年の夏は草むしりが不要になると家族は大喜びです。

 7月にセブから帰国して毎日pc三昧の日々でしたが
 此のブログの新規記事の更新は8ヶ月有りませんでした。

 動画や写真は頻繁に追加してはおります。
 放置ブログでしたが、毎月アクセスは3000を超えています。

  世界旅行の記事を検索で見て戴ける方が殆どです。
 これだけ固有名詞が出てくると
 アクセスも安定して有るのだと納得しました。

20091012_1056569
(2008年 初夏 自宅庭で)

 それとセブ関係のアクセスが
 この2~3ヶ月随分増えて来ています。

 それで2月20日からセブに行きます。
 滞在予定はタブン1ヶ月前後だと思います。

 スポーツクラブで毎日泳ぐぞー!と決めています。
 マイナス18℃の北海道からプラス32℃のフィリピン・セブ島。

 その差 50℃。考えただけで恐ろしいですね 
 50℃の気温差ですよ! 50℃ 50℃ 50℃  ドッヒャー

  サンシャイン・ビーチ・リゾートにも遊びに行きます。
 jazz'n bluzにも行きます。
 ミッキーズカフェのケーキも楽しみです。


 エチオピアカフェにも行きます。
 SMショッピングセンターやアヤラモールも最近増築したらしいです。
 wineshopのライブも楽しみです。

 セブの皆さん又お会いしましょー!
  

2008年 2月 札幌雪祭りのmovieを撮りました。youtubeにアップしましたのでどうぞご覧ください。欧米人の観光客が多いのに驚きました。札幌は国際都市ですね!


20091012_1056567

----

HFS フライングクラブ 最北端のフライトクラブ

DSC00001

(みんなで乾杯) 
 
 7月、未だ僕が札幌に居た頃、フライトクラブ有志で函館の近く
 鹿部空港に集りバーベキューパーティー兼
 懇親フライトを楽しみました。

 札幌のフライトクラブは日本最北端のフライトクラブです。
 年の内8ヶ月だけの稼動、4ヶ月は雪で冬眠しています。
 通年活動出来る本州の其れに比べ営業上の不利を抱えています。

  クラブ員の特徴はと云えば、お医者さんが多いのは何処も同じですが
 自衛隊員が可也いるのが特徴です。

 やっぱり北海道ですね。
 東京のようにトンデモナイ大金持ちは居りません。
 テクノクラートと云うかインテリと冒険家的精神を持った方
 面白い人多いですよ。

 アマチュア・パイロットって変った人多いですよ・・・・私もそうか!
 類は類を呼ぶんですね。

Still0719_00000k
(セスナ172)
  
 サラリーマンが多いと云う事は一人当たりのフライト時間が少なくて
 人数が多いんです。

 セブは良いですよ年中夏、アイシングは無い、
 着陸時キャブヒートは使いません。 

 グアムで飛んだ時、何処からとも無く突然の大嵐、察知して直ぐ着陸
 5分遅れたらアウトでした。

 周りに代替空港ないですからね、グアムは。 
 フィリピンはトンデモナイ滑走路だけど空港は沢山あります。

 鹿部空港は素晴らしい空港でした。
 山に向って登り勾配、駒ヶ岳が有り風が強いのを除けばですけど。

 訓練生が居なくて今は殆ど使って居ませんでした。勿体無いですね。

Still0719_00012
(鹿部の漁港です)
           
 2日目は津軽海峡を渡って青森・秋田の大館に行ってきました。

 日本の空港は滑走路も空港ビルも完璧ですね、セキュリティーもいい。
 フィリピンの空港ビルは小屋です。

 僕がよく利用したレイテ島のイロンゴス空港
 番人が草刈機のガソリン代が無いと云うので
 行く度に500ペソ寄付してました。

cross2028
(レイテ島  イロンゴス空港 空港小屋)

  暫く御無沙汰で2ヶ月後に行った時
 芝生だと思ってた滑走路に2m丈の草が生えていて
 飛行機は草の林のなかに突入着陸。
 前も横も滑走路脇も見えず、危うく滑走路から飛び出しそうに成りました。

 怖かったです。
 着地の時、草が周りからボウッーて昇って来る感じ、一生忘れません。

 飛行機から下りた時、機体は草だらけ、車輪もスピナーも翼にも
 山から降りてきた小野田少尉状態でした。


 ともあれ、大館空港、青森・恐れ山上空、函館山を1500fで楽しんで
 バーベキューも満腹で、合宿フライトは終わりました。

 クラブ職員の皆さん、参加者の皆さん、お世話に成りました。
            

     それではまた後日
    


clubflightの様子をyoutubeにupしました。御覧下さい。


short movie ボホール島 フライト フィリピン

flight003

(セブ島周辺で飛んでいます。インストラクターと写す) 


 セブ島を御存知の方は多いと思います。

 ボラカイなど問題外の規模と美しさを誇るセブ島の珊瑚礁群は
 実はボホール島とセブ島の間に挟まれた海域にあります。

  セブに遊びに行ってもビーチクラブやホテルに居ただけでは 
 セブ島の美しさは全く分らないのです。

 バンカーボートで2時間以上走るか
 セスナ機で一時間程飛んで始めてセブ島の美しさが分るのです。

  セスナ機を 更に一時間飛ばすと

 

 ボホール島の州都タグビララン周辺の
 未だ手付かずのバージン諸島群プントド島・パミラカン島を
 上空から見渡す事が出来ます。

 ボホール島のビーチリゾートから
 バンカーボートで行くのが一番感動的です。

 一生忘れられない、ウオーッと叫びたくなる瞬間を味わえます。

  その時の感動をまた味わいたくてセスナ機を操縦して
 マタマタ出掛けてしまいました。感動は天候に左右されます。

 今回は同乗者に後部席から撮って貰ったビデオを編集しました。

  オランゴ島・チョコレートヒルズの展望台も入れました。
 セブ島の日差しの匂いが伝われば成功です。


  


  セブに住んで居る現地の人達は
 コンナ綺麗な風景が有る事を知りません。

 話には聞いていても実際に見た事はないのです。

 セブに居ただけでは働くだけです。
 半径5キロ以内で生活して一生を終えるだけなのです。

   観光で来て更に御金を使って初めてセブの美しさが分るのです。
 世界中同じかも知れませんね。
 
 フィリピンセブ島に来る事があったなら
 是非バンカーボートやセスナ機で
 セブ島 ボホール島の美しさを堪能していって下さい。


      BOHOL島フライト      それではまた後日

QRコード
QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
free counters
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログというよりも
旅行記として
御楽しみください。

2011年11月より
公開再スタート

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ