flight029
(シコゴン空港・空港管理人のオジサンと!)

 

 世界的ビーチリゾートのボラカイ島
 其処から東南東に160㌔の処に
 ボラカイに負けた島シコゴン島が在ります。

 盛時は何れが
 セブに次ぐフィリピンビーチリゾートの覇者に成るか競った島です。

 今はコテージなど何も無く、只々廃墟と野原だけでした。

 ボラカイは長く続く白砂のビーチが売り物
 シコゴンはタイのピピ島のような
 ハッと息を飲む内湾が売り物です。

 セスナで上空を飛ぶとよく判るのですが
 ボラカイはウオーッと云う美しさ
 シコゴン島はハァーッと息を飲む美しさです。  

  余計分らなく成ったって?  
        ピピ島が20個在ると思って下さい。


 シコゴンは諸島なのです。
一番大きな島には滑走路が有り、着陸してみました。
上掲の写真が空港です。 

 野原だって? 其の通り 野原だって空港です。

flight028
(シコゴン空港  此処に着陸したんですよ 不時着ではありません)

 此処はフィリピン、未だ程度の良い方です。
 水田の様な滑走路だって、草が2m生えてる滑走路だって
 
 牛が20頭ウロウロしてる滑走路だって
 滑走路が大きく波打ってる処だってあります。
 
 フィリピンのパイロットは巧い、下手な奴はミンナ死んでる!。 

 次は御前だって  その通り  否定出来ないから恐ろしい。


 何故ボラカイに負けたのか
 マニラからのアクセスが悪かったのか
 でもボラカイ近くのカティクラン空港は最悪で
 無理を重ねた空港です。

 事故ら無いのが不思議なくらい。

 シコゴンの方が無理が有りません。
 海賊対策が難しいのか
 でもボラカイも駆逐艦で守られています。
 同じです。

 政治力が違ったのか
 外国人の僕達のウカガイ知る処では有りません。

 多分偶然が重なってボラカイが開発され
 ピピ島のようなシコゴン諸島は敗退し野原に戻ったのでしょう。


flight024

 此の話を聞いて
 『じゃあ私が島を一つ買って自前で飛行機を飛ばしてリゾートを造ろう』と
 考える方も居るかも知れません。

 多分2~3億円で出来るはずです。

 でも此処はフィリピン、自前の武力が無ければ
 海賊から身を守る私的軍隊が無ければ
 島のリゾートは不可能です。

 セブならば可能でしょう。
 ボホール島でさえも夜は海に向って警備員が立ちます。

 パラワンのクラブノアイザベルには
 レーダーも私的軍隊も有ります。

 素人が手を出せる物では有りません。


 では個人の別荘なら可能か。
 トンデモナイ 誘拐して下さいと言ってるも同じです。

 セブからセスナでピクニック此れが一番
 間違いない ウン 間違いない!。

 空港守のオジサンの家に行って
 ビーチで漁師に船を出して貰って
 隠れピピ島の誰も居ないビーチでフルチンで走り廻る。

 気分はレオナルド・デカプリオ
 『映画・ビーチ』の世界は如何でしょうか。 

 映画ビーチでは死人がでたって  其の通り  
 ボディーガード連れていってミンナでフルチンで走りますか
 勿論captainビゴテも一緒で   色気ないねー ハァッー

      

        それではまた後日


flight027
(野原みたいなシコゴン空港です。機材セブトップ セスナ RPC2706)



 シコゴン島では有りませんが
 ボホール島に有る小さな小さな島
 プントドアイランド(puntod island)を紹介します。

 boholのタグビララン市から近くにプントドアイランドが有ります。
 満ち潮の時には消えてしまうのではと懸念スルホドの小島です。
 全島が珊瑚礁で出来た真っ白い島です。

flight022
(空から見たプントドアイランド)

 セスナで上を飛ぶと
 時々小さな白いヨットが浮かんでいる事があります。

 其れはもうこの世の物とは思えない程、妖艶でセクシーです。


 
 今回はmodelを連れていって撮影してみました。
 youtubeにアップしましたが如何でしょうか。
 御覧下さい。
 フィリピンには実に綺麗な島がいっぱい有ります。