Blog Book of Captainyama

76ヶ国の海外旅行記です。 1999年からの世界旅行を2007年6月までのセブ島滞在中に ブログにしたものです。

中国

実録 イーニン国境突破 ゲッゲッ中国有料トイレ

img527
(イーニン 夜景)

   
 中国のトイレで驚いた方は多いと思います。

 西域ウルムチから国境の町イーニンを経て
 カザフスタンに渡る旅をした事がありました。
 国境の向こうはロシア・ヨーロッパです。

 現地イーニンの中国人に其れを話すと
 『何でソンナ所に行くの? 貧乏なだけだよ
 此処も貧乏だけど』と云う答えが返って来ます。

 イーニン市内を散策するとロシア人顔の多い事
 ロシアの中に中国がある様にさえ思われました。
 流石、国境の町。

img550
(中国側 入管の建物)

 早朝ホテルを出発しバスで国境に向かいました。
 国境開門時間は僅か一時間程だと聞かされており

 過ぎるとシャットアウトだと云います。
 社会主義的な超御役所仕事、心得て居ります!。

 僕達は集って来たカザフ人のオバサン達と一緒に
 開門を待つ事にしました。

 彼女達は多分
 前日イーニンに大量の商品を仕入に来た買付け部隊
 生活が懸かっております。

 僕達も此れからカザフ ウズベク イランと予定が詰まって居りました。

 こんな所で無駄な1日を浪費出来ません。
 開門と同時、ウワーッとゲートに殺到

 コッチは30㌔のサムソナイトを推し
 アッチは買付けバックを頭上と脇に抱え
 さながら日本 カザフスタン戦争。

 全員が狭い2ヶ所のチェックポイントに殺到するもんだから
 阿鼻叫喚、オバサンの脇の下が顔に押付けられ、クセーゾー!。

 押すなー 押せー 踏むなー 漏れるー
 其れを冷やかに中国人係り官が見下しておりました。 

 チックショー
 お前達の御役所仕事でコチトラ庶民はこんなに苦労してるんだゾー!。

 
img551
(中国側 入管の建物の出口側・・本当に疲れた!)

 
 押すこと一時間
 無事鬼門を通過。

 疲れたー オバチャン達が戦友にさえ思えて来ました。
 次に国境線通過トラックバスに乗り込みました。

 荷物を自分達で荷台に引き上げます。
 この大型トラックバス、50年物のボロ車、1㌔走ってダウン
 修理して1㌔走ってまたダウン。

 横を見ると中国要人を乗せた高級セダンとマイクロバスが
 颯爽と通り過ぎます、さては国境視察か。

img707
(カザフ側国境へ向かう移動トラック・人も荷物も一緒)


 5㌔程の国境地帯の荒野を渡り切り
 カザフスタンの国境ビルに入りました。

 係り官はロシア人、アジアからヨーロッパに入った様に思えました。
 駐車場にはガイド・カーニャと
 彼女のスタッフ3人が待って居てくれました。

 それから1週間、カザフ・キルギスと廻り
 カーニャにはロシア語を教えてもらい
 アルマトイのオカマバーにも連れて行ってもらいました。 

 楽しかったー!  
 其の話はまたの機会に。
 
img570
(カザフのガイド カーニャ 頭の良い人でした)

             
 それでトイレの話はドウナッタかって 

 漏れる事態を予想して
 中国、国境ゲート前の有料トイレに行きました。

 塀が廻してあって1ヘクタールくらいの広さ
 お金を払って塀の中に入ると鶏が放し飼い状態になっていました。
 収容所みたいな小屋が数棟あり、それがトイレ棟でした。

 中には幅2m・長さ30m・深さ3m程の溝が掘って有り
 溝の中は糞 糞 糞 くそ 糞 糞 糞の山 糞の海 
 一生の間に見る糞を此の時、全部見尽くした感じがしました。

 その糞、いや溝に20cm程の板が二枚渡して有り
 中国人が其処に跨って用を足して居るのです。

 板がひっくり返ったら如何なるのか? 
 考えただけでも恐ろしや恐ろしや 

 君もやったかって? トライしましたが出ませんでした。
 小のほうです。

 食事中の方ゴメンナサイ!
 毎日が此れじゃあ中国にスカトロプレイは無いわ!。

 これが僕の結論です。
           
img549
(イーニン国境 入管建物前の商店街 この左側に有料トイレがあります。
国境とクソの町イーニン)《失礼!》
         

       それではまた後日 
  


弁髪中国人はいたのか 満州 中国

010520110
(ハルビン ロシアの色が濃い町です)

 欧米の挿絵にある弁髪・切れ目の中国人は実在したのか。

 中国に11回旅をして中国の事は知っている積りでいました。
 戦前の欧米の新聞挿絵にある中国服を着た
 あのラーメンマン、見た事が有りません。

 デホルメの錯覚か、北京 上海 昆明 成都 香港 ウルムチ
 中国人は日本人によく似ていてスタイルも良いです。

010520002
(満州鉄道の車掌さん 切れ目です)

 けれど切れ目イラスト似の中国人は何処にも居ませんでした。
 錯覚だろうと決めていました。
 でも居た。何処に。 満州に!。 

 彼らは満州族でした。
 中国清王朝は満州族の統治する王国(China)。
 欧米人が接した官吏連中は全て満州族だったんです。

 大連から列車で瀋陽 長春 ハルビンと北上すると
 中国人の身長が高くなります。
 180㎝はざらになるのです。

 顔も長くなります。眼も切れ長で吊り上った人が多くなるのです。

010520074
(女性の鉄道スタッフが多いです)

 中国は他民族国家
 漢民族が主体、満州族も少数民族のひとつです。

 少数民族が
 広大な中国と漢民族を統治するのは大変だったろうなと思います。
 モンゴルの統治も歴史上にあるし

 大陸とはそう云うものなのでしょう。

 鉄道女性車掌さんも満州族とロシア系の顔だと思います。
 ハルピンに行くと灰色の眼をした中国人がいました。 
 大陸なんだ!。

010520040
(瀋陽の駅)

 急成長 急近代化の中国駅前に比べ
 瀋陽駅構内で乗り換え移動中の中国人には驚きました。

 まるで百年前の中国人です。

 国内を多数の枠に分け
 部分毎に急速な近代化を図っている中国には
 置き去りにされた地方農民が安価な労働力として浮遊しています。

010520038
(駅の中のトイレ 中国人 すごい)

 敦煌・ウルムチ等西部でも
 百年前のような中国人をよく見かけました。

 北京・上海等
 大都市の住民は自分達の都市での居住 就業権を特権と思って居り
 地方民を見下しています。

 自分達は特別上級なんだと。教育も住居も収入も!。
 発展の順番が早く地方まで及べば良し。
 格差解消が遅れると中国人の大陸的パワーに火がつきます。

 中国人はフィリピン人とは違います。
 革命をやってのけた人種です。

 期限は北京オリンピックまで!。
 中国共産党指導部もきがきでは無いでしょう。

 日本にトバッチリが来ない事を切に祈ります。
          

    それではまた後日 
010520003
(満州鉄道 駅構内)             


 考えてみると中国旅行は11回行っています。
 写真も山のように有ります。
 でもblogは数本です。何故か?  

 語るべき事が余りに多すぎて
 僕自身が消化不良を起しているのだと思います。
 今後中国に関するブログが果たして書けるのか僕自身疑問です。


010520020
(旅順要塞の内部です)

チベットでジルバは?

img385
(ラサ ポタラ宮)

 高い処と踊りが好きでスイスではマッターホルンを眺めながら
 タンゴを踊りました。
 3000m、本当です!。
 
 チベットでジルバは如何ですか。 ラサ 3300m。

img397
(ラサ⇒シガツエ間の峠道 湖が見える)

 東京から2日掛りでラサまで行きました。
 其処から2日掛りでシガツエに辿り着きました。

 ここはエベレスト山の裏側です。
 途中道が土石流で寸断され、自動車程の落石が路上にゴロゴロ

 崖道に柵は無く、遙か下の川原には落ちた車がパラパラ
 ボロバスの最後部座席板が外れて
 下の地面がよく見えます。酸素吸入袋は役に立ちません。

img400
(ここは4000m 走れません)

 ペルーの4000mハイウエーを走った経験のある方も多いと思いますが
 その辛さの比ではありません。

 恐怖がプラスされるからです。

img415
(チベット仏教寺院のスタッフ)

 シガツエのホテルに命カラガラ ヤット着いた時
 70代のご夫婦の唇は死人も同然のドドメ色。

 年寄りにはきつ過ぎるよ チベットは。
 もう行かんぞ 絶対に!。

 img395
 (ラサ市内 モニュメント)
 
 そんなこんなでラサまで帰って来て、ホテルのカラオケに遊びに行きました。

 シャオチェー(お姐さん)を附けるかと聞かれて
 そんなカラオケも有るのかと頼みました。

 中国人はABCも知らない人が多く、彼女達も英語は全くだめでした。
 其れではと中国語の歌を歌って呉れたり
 向日葵の種を一生懸命剥いて呉れたりしました。

 ディスコダンスやチィークダンスを誘われ
 先程のお礼にとジルバでクルクル回して上げました。

 こんな踊りは初めてだと云われ大変喜ばれました。
 若しかしてチベットでジルバを踊ったのは僕が最初かも。

 なんか嬉しくなりますね。
 但しご注意!。

sanso
(中国製 酸素ボンベ ほとんど効果がありません)

 30秒踊ると酸素吸入が必要になります。
 ここは3300m飲酒とジルバと散歩は厳禁です。

 夜中に高山病で何度も トイレでfade upする事になります。

 厳にご注意。


        それではまた後日。
        


img439
(陽気なチベットの御坊さん)

QRコード
QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
free counters
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログというよりも
旅行記として
御楽しみください。

2011年11月より
公開再スタート

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ